CSR特講アーカイブ CSR特講アーカイブ

多様化するレポーティング状況に対応するために

2013年4月にIIRCから統合レポーティングに関するコンサルテーションドラフトの公開、2013年5月にGRIからサステナビリティレポーティングガイドライン第4版の公開など、この1年もレポートティングに関してさまざまな進展がありました。

サスティービー・コミュニケーションズ/サステナビリティ会計事務所は、今年も上智大学経済学部教授上妻義直先生のご協力を得て、2014年CSR取り組みやレポート作成において企業ご担当の皆さまのお役に立てるよう、第3回CSR特講を開催いたします。

今回のCSR特講では、さまざまな部門の方に同時に受講していただけるよう、1社あたり3名様迄の枠を設定させていただきますので、ご活用をご検討いただける皆さまにおかれましては、どうぞ早めのお申し込みをお願いします。

PROGRAM

13:30

主催者あいさつ

13:35

「サステナビリティレポーティングに関わる最新動向」
上智大学 経済学部教授 上妻 義直

「統合報告」とはそもそも何なのか?G4の改訂ポイントは?等々、知っているようで実は曖昧に理解していることも少なくありません。レポーティングに関する国内外の最新トレンドを踏まえ、来年度のレポート作成に向けて押さえておくべきポイントなどをお話いただきます。

14:30

「そのレポートは統合か?合冊か?」~統合レポートをめぐるいくつかの誤解~
サスティービー・コミュニケーションズ 株式会社 / 株式会社 サステナビリティ会計事務所
マネジャー 中島 史博

今年4月に公表されたIIRCのコンサルテーションドラフトを紐解き、統合レポートのフレームワークを再確認していきます。

14:50

「到底、対応できません…。(企業ご担当者の本音より)」
サスティービー・コミュニケーションズ 株式会社 / 株式会社 サステナビリティ会計事務所
代表取締役 福島 隆史

あるべき論はわかった、しかし企業の実態はかなり乖離している。自社に持ち帰ってどう対応していこう・・? CSR先進企業への支援10年超のコンサルタントとして、今こそお伝えしたい実務推進上のポイントをお話しします。

15:30

質疑応答(30分)
上妻 義直 氏 福島 隆史 中島 史博

16:00

閉会

セミナー報告

上智大学経済学部教授 上妻 義直 氏

基調講演

サステナビリティレポーティングに関わる最新動向

上智大学経済学部 教授 上妻 義直 氏

「CSR報告はどこへ向かうのか」と題し、グローバルなレポーティングの世界で今いったい何が起きているのか、変化の渦中で私たちは何に注目し備えていくべきかについてご講演をいただきました。グローバルルールとのギャップから生じる日本企業のリスクをご説明いただいた後、レポーティングの代表的なグローバルルールとも言うべき「統合報告」と「GRIガイドラインG4」を中心に、「今までとは何が違うのか」「日本の実態をふまえると現実的な対応はどのあたりになるのか、その際注意すべきポイントは」などをご解説いただきました。また海外のCSR報告規制の最新動向と、そこから読み取れる将来のレポーティングのトレンドについてもお教えいただきました。

  • (アンケートにお寄せいただいた声)
  • ・他セミナーでよくある概要説明とは切り口が違い、大変参考になった
  • ・次回レポート作成時に統合報告やG4をどう扱うべきか、つかめた気がする
  • ・GRIガイドラインの活用方法を再考する必要性を考えさせられた
  • ・グローバルとの違いを総括的な視点から理解でき、日本もやらざるを得ない状況にあることを認識した
マネージャー 中島 史博

基調講演

「そのレポートは統合か?合冊か?」
~統合レポートをめぐるいくつかの誤解~

(株)サステナビリティ会計事務所/
サスティービー・コミュニケーションズ(株)
マネージャー 中島 史博

統合レポートをめぐるさまざまな「?」について、2013年4月に公表されたIIRCの統合報告フレームワーク コンサルテーションドラフトの記述に立ち戻り、「?」に対する答えを解説させていただきました。さらに、統合レポートの内容要素の肝とも言うべき「将来の見通し」について、説得力のある説明を行っている国内企業レポートの事例をご紹介しました。

  • (アンケートにお寄せいただいた声)
  • ・統合報告フレームワークで求められていることが理解できた
  • ・事例にもとづく説明がわかりやすかった
  • ・統合レポートにするべきか今悩んでいるところだが、有益な情報を得られた
代表取締役  福島 隆史

基調講演

「到底、対応できません…。(企業ご担当者の本音より)」

(株)サステナビリティ会計事務所/ サスティービー・コミュニケーションズ(株)
代表取締役 福島 隆史

「目指したい姿」は見えたとしても、実際にそこにたどり着くまでには、さまざまな課題を乗り越えて行かなくてはなりません。日々闘っていらっしゃるCSRご担当者様の傍らでサポート役を長年つとめさせていただいている経験から、マネジメント、レポート制作、外部評価などについて、CSR実務の最前線で遭遇する「むりっス!」と叫びたくなる事例をご紹介し、なぜそんなことが起きるのか、そして「そこをなんとか」するためのあの手この手についてご説明いたしました。

  • (アンケートにお寄せいただいた声)
  • ・普段感じていることを代弁してもらっているようだった
  • ・CSR担当者は皆同じ悩みを抱えていることがわかり、安心したのと同時に、励みになった
  • ・どれも実は本質的な問題が詰まっているケースだと思う。大変参考になった
  • ・実態に基づく話で、とても楽しく聞けた

PAGE TOP